アフィリエイトNAVI
トップページ>広告の有効な使い方 サイトマップ
 広告の有効な使い方

バナー広告かテキストリンクか
アフィリエイトの定説ではバナー広告よりもテキストリンクのほうがクリック率が高いと言われています。初心者はついバナー広告をたくさん使ってしまいがちになりますが、バナー広告はいかにも広告と分かるので儲け根性が丸見えでサイトの信頼性を低下させてしまいます。

反対にテキストリンクは自然とページに溶け込むので広告という認識をもたれず、違和感なく広告サイトへのクリックが導けるわけです。

アフィリエイトの広告リンクはテキスト&画像の両方に
商品紹介のアフィリエイトでは、商品画像と商品名の両方にリンクを貼るようにしましょう。訪問者は商品名にクリックする場合もありますが商品画像にクリックする場合もあるからです。

訪問者は商品画像にリンクを貼っていることは分かりません。リンクしていることが分からないと単に「商品を紹介しているサイトかな?」と勘違いされてしまいます。訪問者に確実にクリックしてもらうにはクリックする可能性がある箇所全てにリンクさせておくことが基本です。

また、商品名にリンクさせる方法として「リンクしている事が分かるように下線を表示させる」などして訪問者に分かるようにしてあげましょう。

Google AdSenseで空いたスペースを有効活用しよう
Google AdSenseの魅力は、「最初の貼り付け作業以外の手間が全くない」、「さまざまなサイズの広告が用意されているためページの空いたスペースを有効活用できる」、「フォント、文字色が自由に変更できるためサイトにうまく融合させることが可能」という3点です。

広告を貼り付けてしまえばページの内容をGoogleが自動的に解析し、ページの内容に関連性のある広告が自動的に表示されるため自然と広告がページに溶け込みます。

1クリックあたりの単価は広告主によって異なりますが、クリック回数に応じて広告報酬が支払われます。ページの空きスペースはGoogleAdSenseの広告を貼って有効活用しましょう。

Amazonライブリンクを活用する
Google AdSenseと同様更新が不要なアフィリエイトとして「Amazon.co.jp」のライブリンクがあります。ライブリンクの特徴は売れ筋商品をリアルタイムに配信してくれるリンクで、リンク経由で商品が購入されれば報酬が得られる点です。

またライブリンクは売れ筋ランキングのような形式になっているのでライブリンクそのものを1つのコンテンツとして利用することが可能です。

同様のものとして「Linkshare」のダイナミックリンク、「楽天アフィリエイト」のランキング、「ビッターズアフィリエイト」のアドセンスなどがあります。

Amazon.co.jpの詳細はこちら
Linkshareの詳細はこちら
楽天アフィリエイトの詳細はこちら
ビッターズアフィリエイトの詳細はこちら


ウェブログ ネットバンク ポイントサイト ネット証券 FX取引 CFD取引 ネットキャッシング フラット35 げん玉 Get Money
Copyright(C) アフィリエイトNAVI All Right Reserved.